ホワイトニング
MEDICAL
あなたの歯本来の白さを取り戻します
歯みがきだけでは除去できない、黄ばみ・黒ずみを、専用の薬剤を用いて、歯の色素を分解し、白くしていく方法です。歯に蓄積した着色は、ホワイトニング治療によってエナメル質の中まで漂白することができます。当院では歯科医院での施術とご自宅での施術、お好きなホワイトニング方法を選んでいただけます。ご自身の健康な歯を削ることなく、白く輝かせてみませんか?
安全・より効果的に白い歯を手に入れるために
ホワイトニング治療を始める前にお口の中をしっかり診査し、虫歯や歯周病などのトラブルを発見した場合はまず治療を行います。神経への悪影響など安全面への配慮はもちろんですが、ホワイトニングは歯を漂白する治療ですので、詰め物・被せ物と他の歯の色に差が出てしまわないようにするためにも、お口の中を健康な状態に整えていきます。虫歯や歯周病がなかった場合も効果が充分に発揮できるよう、歯のクリーニングや清掃を行い、余分な汚れを除去しておきます。
オフィスホワイトニング(歯科医院での施術)
歯科医院にて歯科医師または歯科衛生士が専用の器具を用いて施術を行うため、患者さまの手間を取ることがありません。唇や歯茎を保護した後、歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、そこに薬剤の働きを促す光を当てて歯を白くしていきます。最後に知覚過敏予防のためにフッ化物で保護して終了です。短期間で効果を実感できるため、即効性を求める方や白くしたい期日が決まっている方におすすめです。歯の一部分や限られた本数の漂白も可能です。
オフィスホワイトニングの流れ
1.
治療前の歯の色をチェック
2.
歯のクリーニング、歯垢・歯石の除去
3.
歯の表面にジェルを塗布
4.
特別な光を数回照射
こんな方におすすめ
    正確で安全な処置を受けたい方
    効果の即効性を求められる方
    ご自身で手間のかかることを避けたい方
ホームホワイトニング(ご自宅での施術)
自宅にてご自身の都合の良い時におこなえるホワイトニングで、忙しくて施術を受けに通院することが困難な方から人気があります。一人ひとりの歯列に合わせた専用のマウストレーの製作や施術方法の説明があるため、初回は準備のために来院いただきますが、トレーとホームホワイトニングキットをご自宅へ持ち帰った後は、医院での指導内容に従ってご自身のペースで施術を行っていただけます。
ホームホワイトニングの流れ
1.
治療前の歯の色をチェック
2.
専用のマウストレーを制作
3.
歯のクリーニングと使用方法の説明
4.
自宅でトレー・ジェルを用いて施術
こんな方におすすめ
    通院することが困難な方
    ご自宅で手軽におこないたい方
    白さを長持ちさせたい方
☆オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することで、費用はかかりますが、はっきりとした白い歯にすることができ、歯の白さを長期間保つことができます。内藤歯科医院では、ホワイトニングコースをご用意しております。☆オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することで、費用はかかりますが、はっきりとした白い歯にすることができ、歯の白さを長期間保つことができます。内藤歯科医院では、ホワイトニングコースをご用意しております。
なるべく早く確実に白くしたい方へおすすめ
パーフェクトホワイトニングコース
税込78,000円
【内容】
  • オフィスホワイトニング 3回
    上下5〜5の20本の範囲、施術部位のポリシング、仕上げコーディングナノアパタイト付き
  • ホームホワイトニング 2ヶ月分(8本)
【通院目安】
4〜6回 ※2〜2ヶ月半に1回、SPTⅡを行う
通院例
  • 1回目 ホームマウスピース歯型取り
  • 2回目 ホームマウスピースお渡し
  • 3回目 オフィスホワイトニング開始
  • 元々の歯の色が明るめな方や
    お手軽にホワイトニングを始めたい方にオススメ
    スタンダードホワイトニングコース
    税込54,000円
    【内容】
    • オフィスホワイトニング 2回
      上下5〜5の20本の範囲、施術部位のポリシング、仕上げコーディングナノアパタイト付き
    • ホームホワイトニング 1ヶ月分(4本)
    【通院目安】
    4〜6回 ※2〜2ヶ月半に1回、SPTⅡを行う
    通院例
  • 1回目 ホームマウスピース歯型取り
  • 2回目 ホームマウスピースお渡し
  • 3回目 オフィスホワイトニング開始
  • ホワイトニングは長年にわたって研究がなされており、人体に影響はないとされております。しかし、知覚過敏(歯がしみる)などの症状を起こすことがありますが、2〜3日で症状が落ち着く方がほとんどです。具体的な方法に関しては、治療時にしっかりとご説明いたしますので、歯科医師と十分相談した上で行う必要性があります。