インプラント
MEDICAL
自分の歯のように快適な生活を
インプラント治療とは、むし歯や歯周病の進行、打撲などの外傷のほか、先天的な原因などにより歯を失ってしまった場合に、歯が抜け落ちたところの歯槽骨にチタンでできた人工の歯根を埋め込み、それを土台として人工の歯を装着することです。これにより、失った歯の機能を再起させることができるため、天然歯とほとんど変わらない生活ができるようになります。インプラントは歯の根を支える「フィクスチャー」、人工歯と土台をつなぐ「アバットメント」、人工歯の「上部構造補綴物」と行った3つの部位から構成されています。
インプラント治療のこだわり
綿密な計画のためのシミュレーションソフト
当院では、CTで撮影した画像を元に、インプラントの埋入位置・角度・深さなどのシミュレーションを正確に行い、より確実な治療を提供いたします。
安全・的確な埋入を可能にするサージカルガイド
当院では、シミュレーション通りの手術が行えるように、埋入位置や角度などをアシストする、マウスピースのような形状のガイドを作製・使用して、より安全な治療を提供いたします。
信頼のおけるインプラントシステム
当院では、生体親和性に優れ、アレルギーが起こりにくく、丈夫で歯槽骨と強固に結合するという特性から安定した状態を長期に渡って持続でき、特殊な表面構造により治療期間も比較的短期な、世界的なシェア率を誇り高い信頼を得ている「ストローマンインプラントシステム」を採用しています。
インプラント・入れ歯・ブリッジの比較
失った歯を補うための治療方法は、「入れ歯」「ブリッジ(失った歯の左右の歯を削り、そこに橋をかけるように人工歯を被せる)」「インプラント治療」が主に挙げられます。特に、歯を削らずに自分の歯のように噛めるインプラント治療は、他の治療の欠点を補うことができるため、多くの方から支持をいただくようになってきました。一人ひとりのお口・お身体の健康状況やご要望から、患者さまそれぞれの悩みについてしっかりとカウンセリングし、CTなどの検査を元に最適な解決案を提案いたします。
インプラント
メリット
  • 自分の歯のような快適な噛み心地
  • 天然歯と差異がない美しい見た目
  • 治療のために健康な歯を削る必要がない
デメリット
  • 自由診療なので治療費が高額になることがある
  • 比較的、治療に時間がかかる
  • 手術が必要
入れ歯
メリット
  • 保険診療内での治療で費用を抑えられる
  • 比較的、治療が簡単で短期間で終わる
  • 自由診療では材質が選択できるため、見た目を天然歯に近付けることが可能
デメリット
  • 硬いものが食べにくい
  • 入れ歯に食べ物が挟まることがあり、虫歯になる危険性が生じる
  • 保険診療の部分入れ歯は場所によって金属が見えてしまうことがある
ブリッジ
メリット
  • 保険診療内での治療で費用を抑えられる
  • 自由診療では材質が選択できるため、見た目を天然歯に近付けることが可能
  • 比較的、治療が短期間で終わる
  • 自分の歯のような快適な噛み心地
デメリット
  • 周りの健康な歯を削らなければならない
  • 左右の歯が支えになるため、負担がかかる
  • 歯肉との間に食べ物が挟まることがあり、虫歯になる危険性が生じる
  • 支えとなる歯や、多数から全ての歯を失った場合には適用できない
インプラント治療の流れ
1.カウンセリング
患者さまに最適な治療プランをご提案できるよう、インプラント治療を始める前にカウンセリングを行います。歯を失ってしまった原因やインプラント治療に求めている回復などの治療自体に関わることはもちろん、患者さまのお気持ちなども丁寧にお聞きします。些細な疑問や不安も解消できるようにご相談に乗りますので、お気軽にお申し付けください。
2.精密な検査
患者さまのお口やあご、お体全体の状態を把握するために、レントゲンやCT、口腔内写真の撮影、口腔内検査、血液検査などで精密に確認します。※検査結果次第でインプラント治療を受けられない可能性もあります。
3.検査結果に基づいた
治療計画を立案
カウンセリングや検査を基に立案した治療計画をご提案します。当院では患者さまに十分に検討していただき、理解・納得された上で治療を開始できるよう、インフォームド・コンセントを徹底しています。必要なインプラントの本数、治療にかかる期間や費用などを詳しく説明します。
4.安全に手術するための前処置
インプラント手術を安全に行うためにも、手術の前に口腔内の環境を整えていきます。インプラント治療に対してあごの骨が少ない場合は骨の再生治療、虫歯や歯周病がある方はその治療などを行います。
5.インプラント埋入手術
万全な体制で手術が行えるよう、インプラント治療のシミュレーションソフトを使用して最適な埋入位置を入念に確認し、埋入位置を示すガイドを作成します。シミュレーションとガイドを基に、安全・確実にインプラント(人工歯根)をあごの骨に埋め、同時にアバットメント(土台)を連結させます。手術の翌日以降から普段通りにお過ごしいただけます。

※お口やお身体の状態、インプラント埋入位置により、手術を2回に分ける「2回法」を行うことがあります。1回目の手術でインプラントの埋入のみを行い、治癒期間を置いて骨との結合を待ち、2回目の手術で埋入箇所を再度切開し、アバットメントを装着します。
6.治癒期間
安全に治療を行うために、埋入手術後は上部構造(人工歯)の装着まで治癒期間を置き、インプラントとあごの骨をしっかりと結合させます。骨の質などの違いで個人差がありますが、上顎で4ヶ月〜6ヶ月、下顎で2ヶ月〜3ヶ月ほどの期間がかかります。この期間に仮歯を利用していただくこともできますので、必要な場合はお気軽にお申し付けください。
7.上部構造の製作
治癒期間が終わりましたら、上部構造(人工歯)の型取りを行います。型取りから1〜2週間後、完成した上部構造を装着し、様子を見ながら噛み合わせの調整をしていきます。
8.メインテナンス
インプラントは虫歯になることはありませんが、歯周病になることはあります。歯周病はインプラントの大敵とも言われ、悪化するとインプラントを支えている骨を溶かす危険もあります。ご自身での毎日のケアはもちろん、メインテナンスやクリーニングを受けに歯科医院へ通い、歯周病を予防しましょう。