セラミック治療
MEDICAL
美しく健康な口元で魅力的に
歯の色や形、口元にコンプレックスを抱えてしまうと、笑顔も少なくなってしまいます。セラミック治療によって、健康的で美しい口元をつくり、あなたの素敵な笑顔を引き出します。銀歯が目立つ、歯の色が気になるなど、お口のお悩みがあればお気軽にご相談ください。
一人ひとりのご要望と理想を実現
天然歯のような見た目を追求したい、機能性や安全性に優れた材料を使用したいなど、理想の口元を手に入れるためのご要望は一人ひとり異なります。当院ではより多くの方に満足していただけるよう、保険診療に限定せず、豊富な種類の被せ物・詰め物をご用意しています。お口の状態によってはご希望の治療が最適ではない場合もあります。最適・最良の治療のため、はじめに精密な検査や診断を行います。
セラミック治療
審美性の高い白い素材を使用するため、天然歯のように美しく、自然な見た目に仕上がります。銀歯などの金属を使用しない、安全性に配慮した「メタルフリー治療」も行っています。金属アレルギー発症や、金属イオンの溶け出しによる歯茎の黒ずみといった心配もありません。
セラミックの種類
(オールセラミック)
素材はセラミックだけで出来ています。よって、金属アレルギーの心配はありません。また、審美性はこのなかで一番優れています。しかし、硬く柔軟性が無いため「割れやすい」というデメリットがあり、強い力が加わる奥歯などには使用できません。
(ハイブリッドセラミック)
セラミックとプラスチックの混合物です。プラスチックの性質を有しているので変色の可能性が有ります。審美性はオールセラミックより劣ります。
(メタルボンドセラミック)
表面はセラミックですが、裏側に金属を使用します。よって、金属アレルギーを起こす可能性があります。しかし、金属を使用しているので強度に優れます。審美性はオールセラミックより劣ります。
(ジルコニアセラミック)
オールセラミックの「割れやすい」というデメリットを克服した強度と柔軟性を併せ持ち、より優れた審美性があります。金属アレルギーの心配もなく、汚れがつきにくく、変色もせず使い続けられます。
忙しいあなたへ、短期間かつ低価格でセラミックの白い歯を
お仕事が忙しい方、審美歯科治療に興味あるが「値段が高い」と躊躇してしまっている方にお勧めの“セレックシステム”

セレックシステムとは?
セレックシステム(CAD/CAMシステム)とは、審美的なセラミック(白い歯)が歯型を取ることなく、最短1時間で手に入る、歯科治療です。
01
短期間で白い歯が入ります
従来の治療法では、セラミックのつめ物・かぶせ物を作る際、製作の関係上2~3回程来院して頂く必要がありました。しかし、セレックシステムを使う事で、通常よりも短期間でセラミックのつめ物・かぶせ物を作製することが可能になりました。

※「虫歯の治療」が必要な場合、別途治療期間が必要になります。
※その他のケースによっては時間がかかる場合もあります。
02
白さは「半永久的」に持続します
セレックシステムではセラミック素材を使うため素材の性質上、半永久的に変色しません。
03
通常のセラミック治療よりも「安価」
従来法での審美歯科(差し歯)治療は「歯科技工所」と連携してつめ物・かぶせ物を作製しますので、歯科技工所に支払う費用がどうしても発生してしまい費用も高くなります。しかし、セレックシステムでは「歯科技工所」は関与せず、すべての製作工程を歯科医院単独で行えるため、患者様に支払って頂く費用を大幅に引き下げることが可能となります。
04
精度が高い
従来法では多くのステップを踏んでつめ物・かぶせ物を作製するのですが、複数の工程を経るためどうしても「ズレ」が生じてしまいます。この「ズレ」が積み重なり、最終的には患者様のお口に合わないものが出来上がってしまう事もあります。セレックシステムは非常にシンプルな製作工程であるため、各工程に「ズレ」が生じにくく、お口に合わないという事はほとんどありません
05
型取りが不要
セレック治療では、あの煩わしい「型取り」が必要ありません。その代わりに、セレック専用の3D光学カメラを使用して治療部を3D光学カメラで撮影(スキャン)します。わずか数秒の作業で、治療部の歯列がモニター上に再現されます。嘔吐反射があって苦手な方であっても苦痛を与えずスピーディに行えます。
セレック治療の流れ
1.カウンセリング
まずは患者様の希望・理想を正確に把握するためお話を伺います。
2.お口の中を3D光学カメラで
スキャン
セレック専用の3D光学カメラを使用して治療部を3D光学カメラで撮影(スキャン)します。わずか数秒の作業で、治療部の歯列がモニター上に再現されます。
3.3Dモニター上で歯の設計
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後はさまざまな色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。
4.製作
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)で、設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、つめ物・かぶせ物を精密に整えていきます。
5.完成
削り出されたセラミックの歯を口の中へセットして治療完了となります。